寺内萬治郎

てらうちまんじろう 明治23-昭和39年。大阪市出身。白馬会葵橋洋画研究所で黒田清輝に師事。
東京美術学校では藤島武二の指導を受ける。大正7年文展に初入選。11年耳野卯三郎らと金塔社を結成。
帝展で「裸婦」「インコと女」が、それぞれ特選となる。光風会会員。戦後は裸婦制作一筋に打ち込む。
「コドモノクニ」「幼年倶楽部」の挿絵画家としても親しまれた。「デッサンの寺内」といわれた。