荒井龍男 あらいたつお 1904-1955年

大分県中津市生れ。日本大学法文学部卒。太平洋画会研究所に学ぶ。昭和5年から二科展に出品、9年から2年間渡仏。
パリのアカデミー・グラン・ショーミエールで学び、彫刻家ザッキンに師事。サロン・ドートンヌ、サロン・チュイルリなどに出品。
帰国後は自由美術協会の創立に参加、作風が抒情的になり1940年代は日本的なテーマを持った作品が目立つ。
1950年山口薫らとモダンアート協会を設立。
1952年ニューヨーク・リバーサイド美術館で個展サンパウロ近代美術館でも個展を開き、作品4点が同美術館収蔵。
サンパウロ・ビエンナーレ日本代表となり「朱の中の朱」を出品。
同年帰国、ブリジストン美術館で個展を開いたがその年に急逝。51歳