真野紀太郎 まのきたろう

1871-1958年 (明治4-昭和33年)
名古屋出身。東京外語学校に学んだ後中丸清十郎画塾入門。そこで
木下藤次郎と知り合う。1894年から中学校で英語と図画教師を務めながら
翌年中丸没後、原田直次郎の鍾美館に移る。木下らと水彩画講習所や日本水彩画会
の創立に参加。1905年「みずゑ」創刊から寄稿するなど水彩画研究に携わった。
このころ萬鉄五郎が真野に師事する。
後半生はバラの画家として知られる。