ながとちひでた 
   明治6年-昭和17年、山口県出身。明治美術会付属教場絵画科〔明治27年〕卒。
   主な受賞レジオン・ド・ヌール勲章〔大正12年〕。本多錦吉郎の彰技堂に学んだのち、
   明治23年松岡寿に師事。35年中村不折らと太平洋画会を設立、同展に出品すると共に文展にも出品。
   13年下関市の依嘱で「日清講和談判図」を制作。第5回帝展から数回審査員を務めた。