くすながなおえ
    1860(万延元)年、現在の高知市に生まれる。1881年に上京し国澤新九郎の彰技堂で本多錦吉郎の指導を受る。
    図画教員の免許状を得て高知尋常中学校でおしえる。「土佐洋画界の父」と称され、浦戸湾や室戸岬、手結など
    県内各地の風光明媚な光景を緻密なタッチで数多く描き残している。昭和14年に死去。